FC2ブログ

新入職員のご挨拶

皆様 初めまして。

今年4月に入職しました、理学療法士の佐藤光です。
急性期病院で3年間経験を積み、この度東京リハビリ訪問看護ステーションで働かせていただくことになりました。

身体と生活が楽になる楽しいリハビリができるよう、一生懸命努めます(^o^)/
これからどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

第二回 東京リハ学術集会 開催

2019年2月10日の暖かい日曜日にソラシティカンファレンスセンターにて東京リハ学術集会が行われました。

190222-8.jpg

『みんなが支える在宅支援』をテーマに、多職種連携の症例や小児部門、看護師、ケアマネジャー、事務部門など様々な職種で症例発表があり、ロビーではポスター発表も行い、とても有意義な一日になりました。

190222-9.jpg

190222-10.jpg

190222-11.jpg

190222-5.jpg

東京リハビリテーションサービスには、多くの事業所、サテライト、居宅介護支援事業、通所介護事業、児童発達支援事業、その他多くの事業があり、多くの職員がいます。
それぞれの地域でそれぞれの活動をしていますが、なかなか直接会ったり活動内容を話し合ったりすることができません。
今回のような機会はそれらを共有でき、今後の自分の活動について考えさせられる貴重な場となりました。

190222-7.jpg


次回以降もたくさんの職員が参加し、それぞれが自己研鑚できる良い機会になるようにしていきたいと思います。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

東京リハビリ訪問看護ステーション調布の宮本です。

調布では昨年より職員研修を強化し、技術研修や症例検討などを積極的に行っています。
今年も研修を積極的に行いスタッフの技術向上に努めていきます。
そして専門職として皆様の自立した生活を支え、一人でも多くの方がご自宅で希望通りの生活を送るお手伝いが出来ればと考えています。

また社内研修だけでなく社外での出張勉強会やリハビリ体操などの介護予防事業などを行い、地域社会を元気にする活動も行っていきたいと思います。
もしご興味がある方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡下さい。

本年も宜しくお願い致します。

新入職紹介

初めまして。
2018/11/16付けで入職しました、看護師の廣田仁紀です。
大学病院で3年(NICU・GCU)、都内の訪問看護ステーションで1年半の経験をさせて頂き、この度東京リハビリ訪問看護ステーションで働かせていただくことになりました。

利用者様とその家族を中心としたチームでのサービス支援に魅力を感じています。
他職種連携を行い利用者様にとってより良いサービスを提供できるよう関わらせていただきたいです。

これからどうぞよろしくお願いいたします。

東京リハビリ訪問看護ステーション調布
看護師 廣田仁紀

居宅向けチラシの紹介

皆様
こんにちは。理学療法士の指田と申します。

静かに更けゆく秋の夜長を、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は読書を楽しんでおります。

さて今回、主に居宅のケアマネージャー様向けに作成しております、医療職員によるワンポイントアドバイスのチラシをご紹介します。
この時期ぴったりの内容となっておりますので、どうぞご覧ください。
皆様の生活の手助けとなれば幸いです。

実りの秋を満喫してどうぞお元気にお過ごしください。

20181012.png

検索フォーム
プロフィール

東京リハビリ訪問看護ステーション 調布

Author:東京リハビリ訪問看護ステーション 調布
2015年10月に東京都調布市に開設した訪問看護ステーションです。お子様から高齢の方まで、障害・傷病の有無にかかわらず、お一人おひとりに合わせたケアを行うことで地域に貢献することを目指し、日々看護師・療法士が訪問しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ